保育理念

A子どもの育ちに寄り添い、生きる土台を育てる。
A子どもの育ちに寄り添い、
生きる土台を育てる。


保育カリキュラム みらこ保育園


保育目標

A質の高い保育環境をデザインする
科学的な根拠に基づいた保育を行う
インクルーシブ社会の実現を目指す
地域の子育てを支援する


カリキュラム

五感を育てる教育プログラム


子どもの育ちにはたくさんの経験が必要です。心豊かに成長していけるよう、みらこ保育園は家庭と地域とともに両輪となり、様々な活動を通して五感を磨き、一人ひとりに合った関わりを科学的な根拠に基づき評価し、職員全員で考え、未来を担う子ども達の生きる力を育てたいと考えています。


味覚・嗅覚


食育 みらこ 保育園
食育の実施
食べることは生きること。みらこ保育園では、月2回、体験型食育を実施しています。生きる力ともいえる「食べる力」を育むため、食べる意欲の基礎をつくり、食の体験を広げます。


くわしく見る



みらこ 給食風景
完全給食・おやつ
当園の給食・おやつは、すべて園内の調理室での手作りです。メニューは乳幼児献立専門の管理栄養士が考案し、食材にもこだわっています。栄養士による栄養相談も随時行っています。






視覚・聴覚・体感
触覚・言語・ 数


CRAYON®プロジェクト
CRAYON®プロジェクトへの参加
乳幼児の子育てに関わるすべての人のニーズに応え、子どもの才能を発掘する、子育て応援プロジェクト。子育て不安の解消と、子どもの特性にあった保育・教育を行うことを目的としています。みらこ保育園は、CRAYON®プロジェクトの日本初のモデル園として参加しています。(研究事業)




手作りおもちゃ
手作りおもちゃの提供
子ども達の発達を促すのに、とても大切なおもちゃ。みらこ保育園では、子ども達の成長発達を観察、科学を用いて分析し、“子ども達の今”を見極め、子ども達の興味に沿った環境を提供するため、手作りおもちゃを使用しています。





読み聞かせ
絵本の読み聞かせ
絵本の読み聞かせには、言語能力の取得、文章を理解する読解力、様々なイメージを膨らませるための想像力や発想力、登場人物の気持ちを理解しようとする心(情操)、幸せホルモンの分泌(触れ合い)、集中力アップなど、様々な効果があるといわれています。




おんぶ 保育
おんぶ
おんぶで大人と同じ目線になり子どもの視野が広がると、大人と同じ目線で景色や相手の表情を見て動作を疑似体験できるようになり、知的好奇心や社会性が育ちます。また、子どもの体勢が前傾になり、大人にしがみつく姿勢になることで、体幹やバランスが鍛えられ、身体能力の向上につながります。みらこ保育園では、昔ながらのおんぶ紐を使用しています。

使用しているおんぶ紐:gran mocco(グランモッコ)




リトミック みらこ保育園
リトミック
専門の講師によるリトミック教室。月に2回実施しています。音に触れながら身体で表現することで、表現力や想像力、集中力などのさまざまな力を身につけます。




農業体験
農業体験
畑やプランターで野菜を栽培。苗を植え、作物を育て、収穫し大切にいただくことも食育の一環です。また、作物を育てることで物事に見通しを持つことができるようになり、そこから推論する力を養うことにつながります。実った大きな野菜を手に、子ども達も笑顔いっぱい!






砂場あそび
砂場あそび
園庭の一角に砂場スペースを設置。砂場あそびには、手先の器用さの取得のほか、運動能力、想像力、創造力、社会性など様々な能力の向上が期待できるといわれています。