下関市のみらこ保育園では、毎日健康で快適にお子様が過ごせるよう健康管理に充分留意しております。保育園での与薬、登園を控えていただく場合についての注意事項です。

お子様の健康管理について

毎日健康で快適にお子様が過ごせるよう、お子様の健康管理には十分注意を払います。
○送迎時には、お子様の健康状態を確認します。
○連絡帳…毎朝お子様の健康状態を記入の上、登園をお願いします。その日の保育園での様子を記入の上お返しします。
○登園後に急な発熱等健康状態に変化が生じた場合は、保護者に連絡いたします。お迎えまでの間は看護師等が健康状態を観察しながらお預かりします。

保育園での与薬について

与薬が必要なお子様には、家庭で安静にすることをお願いしますが、保護者の事情も考慮し、ルールに従ってお薬をお預かりします。本来与薬は「医師」「保護者」のみ権利と責任があり、第三者が与薬することは、原則禁止されております。医療の専門機関ではない保育施設が与薬を行うことに対し、以下のルールをご理解下さい。(医師に朝、晩2回の処方にしてもらえるのか相談して下さい)

  1. お薬に関しては医師が処方したものに限りお預かりをします。市販のものはお預かり出来ません。
  2. 保育園での与薬が必要な場合は、規程の書式「投薬依頼票」の事項をご記入いただき、お薬と一緒にお預かりします。お薬は一回分ずつに分けて、お名前をご記入の上(保育士、看護師に手渡しで)お預け下さい。
  3. 与薬はご記入いただいた「投薬依頼票」に沿って行いますが、与薬後に傷病等が悪化しても本施設では責任を負いません。

  4. 座薬の与薬は保育園では行いません。

※投薬依頼書(別紙)を添付しています。必要な際はコピーしてご使用下さい。

お子様の健康状態について

○受け入れ基準は、健康な乳幼児に限ります。
○健康状態は毎日把握することとし、その他に年2回の健康診断、年1回の歯科検診を行います。
○アレルギー、ぜんそく、その他の疾病をお持ちのお子様はお知らせ下さい。
○病児の受け入れは行ないません。感染症にかかった場合には必ずご連絡いただき、医師の許可があるまで休ませて下さい。

登園を控えていただく症状

当保育園は以下の症状が見られる場合は登園を控えていただくようお願いします。

  1. インフルエンザ
  2. 百日咳
  3.  麻疹(はしか)
  4. 流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)
  5. 風 疹
  6. 水 疱(みずぼうそう)
  7. 咽頭結膜炎(プール熱)
  8. 病原菌大腸菌O157
  9. 結核
  10. 流行性角結膜炎(はやり目)
  11. 急性出血性結膜炎
  12. その他の学校感染症
上記については、学校保健安全法において登園・登校停止が必要な感染症と定められており、登園でも本法に準じております。再登園が可能かどうかは掛かりつけ医の判断となり、再登園の際は掛かりつけ医の登園許可書が必要となります。必ずご持参下さい。
  1. 手足口病
  2. とびひ
  3. 伝染性紅斑病(りんご病)
  4. ヘルパンギーナ
  5. 溶連菌感染症
  6. 突発性発疹症
  7. マイコプラズマ肺炎
  8. 流行性嘔吐下痢症(ロタウィルス・ノロウィルスなど)
上記の感染症については、一定の登園停止の基準は設けられていませんが、発生や流行動向によっては、医師による登園停止の指示に従う必要性がありますので、必ず受診をお願いします。受診の際には、保育園に通園して集団保育を受けていることをお伝え下さい。
発熱
保育園時間内にお子様が発熱した場合は37.3度で経過報告、37.5度を目安に保護者へ連絡しますので、お迎えの対応をお願いします。

下痢・嘔吐に関して​​​​​​​​​​​​​​
食中毒などが疑われる場合があります。保護者と相談し、お迎えなどの対応をお願いします。体調の変化は個々のお子様により様々です。明らかに日頃の様子と違う場合やお預かり開始 後に発病した場合、保護者へ連絡する場合がありますので予めご了解下さい。